合格ラインについて教えてください。
土地家屋調査士試験の配点は、択一試験・書式試験がそれぞれ50点で、満点は100点です。
合格に必要な条件としては、択一試験、書式試験、両方に設定された足切り点(毎年変化します)を突破し、さらに合計点が合格点に達する必要があります。
平成18年度試験では、合格点は67.0点以上です。