「書式」試験とはなんですか?
土地家屋調査士の午前の試験は、5肢択一式問題20問と書式問題(土地・建物)2問からなります。
「書式」試験は、出題された条件に対して実際の登記申請書や図面(地積測量図・建物図面)を作成する試験です。
登記申請書や図面(地積測量図・建物図面)の様式は法律で定められており、その様式にそって作成する必要があります。(パターン化していますが、出題された条件にあった書式を正確に作成するためには、日々の練習が重要です)